商品詳細

新 お笑いラジオの時間 (綜合ムック)

新 お笑いラジオの時間 (綜合ムック)

出版社 綜合図書

1,242円(税込)

「お笑いラジオ」に特化した好評企画第3弾!

表紙&巻頭には岡村隆史(ナインティナイン)が登場!
相方・矢部浩之の『オールナイトニッポン』卒業を経て、
1人でパーソナリティを務めることになった岡村が現在の心境を告白する。

現行のラジオ番組を担当しているお笑い芸人のインタビューのほか、
コンビ芸人で目立たないほうに注目した
『“じゃないほう芸人"はラジオで活きる』、
普段はあまり意識することのない女性リスナーをフィーチャーした
『女性リスナー生態調査』の特集も掲載。

■岡村隆史(ナインティナイン)
なくしたくない場所

【特集1】
『“じゃないほう芸人"はラジオで活きる』

■大谷ノブ彦(ダイノジ)
「いじられるのが一番苦手で20年間ずっと逃げ続けてたんですけど、
スキをいじられるようなことが増えていくといいかな。
受け身が一番の魅力の感じの番組になったらいいかな、と思ってますね」

■中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)
「テレビで変なことを言っても流されるんです。
でも、ラジオでは『なんでそうなったん?』って解明していくんですよ。
だから、ラジオは“自分の教科書を作る"ってことに
凄く役立っているのかもわからないですね」

■岩井勇気(ハライチ)
「シモネタを盛らないのは深夜ラジオに対する反骨心かもしれないですね。
だったら俺はこっちのほうに行こうみたいな。
『俺はラジオを聴いているモテなくて暗いリスナーたちの仲間だぜ』って
いうことの“じゃないほう"に行っているのかもしれません」

【特集2】
『女性リスナー生態調査』
■松井咲子
ラジオを“箱推し"する女

■中村繪里子
ラジオの変人

■久保ミツロウ&能町みね子
こじらせリスナー女子会

■川島明(麒麟)
拝啓 ハガキ職人の君へ

■アルコ&ピース
リスナーと心中する男たち

■佐久間宣行&ラブレターズ
お笑い芸人がラジオから売れることは可能なのか?

■藤井青銅(構成作家)
「誰もラジオを聴いてない」という大前提

【コラムの時間】
てれびのスキマ
『ナインティナインのオールナイトニッポン』終了、芸人はラジオで何を語ったか

■高木圭介
ラジオは様々なジャンルの人間を芸人へと変える

■RAM RIDER
RAM RIDERの一週間ラジオ投稿生活

■古泉智浩
岡村隆史さんに素敵な恋をしてほしい

発売日 2015/03/11
ISBN 486298150X

数量:

カテゴリー一覧