商品詳細

激動する日本と世界のラグビー

激動する日本と世界のラグビー

出版社 辰巳出版

1,650円(税込)

"サンウルブズ"を創った男が語る、W杯開催の日本ラグビー国際化の現実。
"ポスト2019W杯"日本開催で、史上最大の盛り上がりを見せるラグビー界にとって必要なこととは?

スーパーラグビー参入交渉で日々折衝を続けたラグビー強国であるSANZAAR(ニュージーランド、豪州、南アフリカ、アルゼンチン)、あるいは日本マーケットに
興味を示し始めた欧州6カ国対抗勢(UK、アイルランド、フランス、イタリア)とのやりとりを続けている。その上野氏に、世界ラグビーを支配する二大勢力が
考えている2019W杯以降の世界戦略を具体的に提示してもらい、それに対して日本はどう動くべきなのかを提言。ラグビーファンをはじめとするスポーツ愛好家に
「ラグビーW杯日本大会」の本当の意味と、その先に何が待ち受けているのかを理解してもらえる一冊。


【主な予定内容】
■ドキュメント ~サンウルブス誕生からスーパーラグビー撤退まで~

■SANZAARが描く世界ラグビー未来図

■6カ国対抗ラグビーは日本の味方か、それとも…

■「ネイションズ・チャンピオンシップ」は日本にとって諸刃の剣

■ラグビーワールドカップ日本大会は成功するのか?

■2020年以降、日本のラグビー界はこうなる!


著者 / 上野 裕一(うえの ゆういち)
1961年、山梨県出身。県立日川高校、日本体育大学出身。現役時代のポジションは「SO」。同大大学院終了。オタゴ大客員研究員。流通経済大教授、同大ラグビー部監督、同CEOなどを歴任後、現在は同大学長補佐。在任中に弘前大学大学院医学研究科にて医学博士取得。アジアラグビー(アジアラグビー協会)副会長。一般社団法人ジャパンエスアール前会長。日本ラグビーフットボール協会執行理事、同協会競技力向上委員会委員長、2019ラグビーワールドカップ組織委員会理事などを歴任。アジア地域出身者では2人しかいないワールドラグビー「マスタートレーナー」(指導者養成者としての最高資格)も有する。『ラグビー観戦メソッド3つの遊びでスッキリわかる』など著書、共著、監修本など多数。フランス1部リーグ「TOP14」の公式アンバサダーでもある。
発売日 2019/07/20
著者 上野 裕一
ISBN 4777823245

数量:

カテゴリー一覧